25理髪店のデザインのアイデア

理髪店を開店しようとしている理髪店の場合は、顧客を引き付けるブランドを構築することが重要です。適切な理髪店のデザインは、ビジネスを次のレベルに引き上げ、完璧な顧客体験を生み出すことができます。適切に実行された場合、ショップの美学は、クライアントがリラックスし、歓迎され、ヘアカットに興奮することさえあるように感じさせるはずです。

装飾スタイルから椅子や照明、壁の色や装飾まで、考慮すべき多くのヴィンテージとモダンな理髪店のデザインがあります。一部のインテリアデザインのアイデアは、機能性とスタイルをブレンドする必要がある小さな理髪店に適していますが、他のショップレイアウトでは、クリエイティブなコンセプトを完全に構築するために大きなスペースが必要です。

シンプルでクールな装飾でも、スタイリッシュで豪華な装飾でも、理髪店はあなたのスタイルを補完し、引き付けたいクライアントのタイプを反映する必要があります。検索を刺激するために、探索するのに最適な理髪店のデザインのアイデアをまとめました。これらの驚くべきモダンな理髪店のインテリアデザインをチェックして、クライアントの満足度を高めるために機能するレイアウト、色、照明、装飾の例を見つけてください。

理髪店のインテリアデザインのアイデア

内容

理髪店のインテリアデザインのアイデア

装飾スタイル

潜在的な理髪店のデザインに関しては、無限の選択肢があります。ほとんどの人が描く最も象徴的な理髪店のデザインは、クロム製の油圧椅子、市松模様の床、赤、白、青のストライプのクラシックな理髪店のポールが特徴です。

昔ながらの理髪店の経験を提供するつもりの理髪店は、それが彼らのデザインの選択を知らせるべきです。クラシックなスタイルのレプリカになるようにショップをデザインすることができます。昔ながらのサービスを提供したいが、装飾を少し更新したい場合は、伝統的な要素と現代的な要素を組み合わせて、バランスの取れた雰囲気を作りましょう。

モダンな理髪店のインテリアデザイン

理髪店は、顧客体験を向上させる完全にカスタムの理髪店のテーマを作成することもできます。あごひげの手入れを専門とする理髪店は、皮肉なヒップスタースタイルに身を包むことができる素朴な建築材料に傾くかもしれません。ビジネスやハイエンドのクライアントを対象とした理髪店は、洗練されたモダンなものかもしれません。あなたの理髪店を開くときの先行投資はあなたのビジネスが成功する可能性を高めるのを助けることができます。

最終的には、理髪師が提供するサービスの種類をサポートする装飾を選択することが重要です。で最高の理髪店の多く 天使たちニューヨーク市 、マイアミ、ラスベガス、ヒューストン、アトランタは、新しい顧客を引き付けるためのマーケティングツールとしても機能する、ユニークなインテリアデザインと雰囲気を作り出しました。

伝統的なヴィンテージ理髪店のデザイン

壁の色と装飾

床屋が装飾スタイルに落ち着いたら、彼はそのデザインを補完する壁の色と装飾的なアクセントを選択する必要があります。カラーパレットから各家具に至るまで、部屋のあらゆる側面がテーマに基づいて構築されており、将来の顧客体験に貢献し続けています。

理髪店の壁の装飾

壁は、装飾の残りの部分が構築されているキャンバスです。壁の色と素材はそれを念頭に置いて選択する必要があります。素朴なテーマの理髪店は木製パネルの壁を備えているかもしれませんが、より工業的なモダンなデザインの理髪店はコンクリートの壁を露出しているかもしれません。高級なメンズクラブ風の理髪店は、ダークネイビーまたはフォレストグリーンのペイントまたは微妙なパターンの壁紙を備えている場合があります。

理髪店の壁の装飾

理髪店の椅子

顧客体験の最も重要な部分は理髪店の椅子で発生し、理髪店のデザインの不可欠な部分となる種類の椅子を作ります。他の専門家と同様に、投資することが重要です 高品質の理髪ツール 。何よりもまず、理髪店の椅子は顧客とスタイリストの両方にとって快適でなければなりません。椅子は通常、スタイリストが髪を切るのに最適な角度を与える高さに調整できるように、油圧を備えています。ホットタオルのストレートかみそりのひげそりやあごひげの手入れサービスを提供する予定の場合は、後ろに寄りかかる椅子が必要になります。

理髪店の椅子

理髪店の椅子は、さまざまな装飾スタイルで利用できます。理髪店は信頼できるブランドを調査し、デザインとスペースに合ったスタイルを探す必要があります。モダンなデザインスタイルの理髪店の椅子は、なめらかで目立たず、クロムや黒のビニールなどの素材でよく見られます。人気のある色の組み合わせは、黒と金、赤と白、黒と銀、ダークブラウンと黄褐色ですが、好みに合わせて椅子をカスタマイズできます。

高級なメンズクラブに着想を得たサロンの理髪店の椅子は、通常、贅沢な体験のために、より贅沢にパッドを入れられ、快適です。

理髪店の椅子

バーバーポール

理髪店の看板ポールは、間違いなく理髪店のデザインで最も象徴的な要素です。それらの使用法は、理髪師が散髪や顔の毛の手入れに加えて医療処置を行ったときにもさかのぼります。血(赤)、包帯(白)、静脈(青)を表すために使用される理髪店の看板の元の配色。

バーバーポール

最近、床屋はヒーラーを兼ねる傾向がないため、床屋の看板ポールの背後にある本来の意味は時代遅れになっています。しかし、多くの理髪店は、それらがそのような認識可能なシンボルであり、通り過ぎる潜在的な顧客の注意を引くことができるので、まだそれらを備えています。

しかし、理髪店が自分の店を際立たせたい場合は、選択した配色に合わせて色を変更することで、この古典的な機能に独自のひねりを加えることができます。デザインスタイルに合わせて建材を変更することもできます。より現代的な理髪店は、なめらかなクロムエッジのポールを誇るかもしれませんが、より素朴な店は、苦しめられた塗装された木のポールを特徴とするかもしれません。

理髪店のポールデザイン

正面の看板

多くの場合、あなたのサインは、顧客があなたのビジネスに対して最初に感じる印象です。それはあなたの装飾のほんの小さな要素ですが、それはあなたのブランドの強力な表現として役立つはずです。レイアウトからフォント、ロゴに至るまで、すべてを慎重に検討し、装飾を代表するものにする必要があります。

正面の理髪店の看板

昔ながらの理髪店にはヴィンテージ風の看板があり、おしゃれな都会の理髪店には落書き風の看板があります。あごひげの手入れを提供する理髪店は、あごひげを生やした男性のグラフィック画像をロゴに組み込むこともできます。これらはすべて、あなたの看板が理髪店の装飾を強化する方法の素晴らしい例です。

理髪店のフロントのアイデア

フローリング

理髪店がショップのフローリングを選択する際に留意すべき主な要素は、機能性とスタイルの2つです。理髪店の床は、散髪や顔の毛の手入れの際に落ちた髪やひげを取り除くために、1日に複数回掃除する必要があります。したがって、カーペット敷きの床は意味がありません。

理髪店のフローリング

理髪店で働くさまざまな種類のフローリングがあります。古典的な理髪店のスタイルをエミュレートしようとしている理髪店は、古典的な白黒のチェックタイルまたはリノリウムの床を選ぶかもしれません。一方、素朴な装飾が施された理髪店は、設計された堅木張りの床が特徴です。集成材は本物の広葉樹よりも耐久性があり、理髪店の床のような人身売買の多い場所でも長持ちします。

理髪店のフロア

快適な待合室を作る

顧客が床屋の椅子に着く前に、少なくとも数分間待合室に座る必要があるでしょう。適切な待合室の装飾は、顧客が適切な精神的考え方を身に付けて体験を十分に楽しむことができるようにすることで、残りの訪問のトーンを設定するのに役立ちます。

理髪店の待合室の装飾

待合室のあらゆる側面が全体的な体験に貢献することができます。理髪店が心地よいスパ体験を作ろうとしているとき、待合室には快適な椅子と柔らかなパイプの音楽が備わっている必要があります。一方、ビジネスの専門家を対象とした理髪店は、常連客が待っている間にページをめくるための金融雑誌を特集するかもしれません。

クールな理髪店待合室ソファ

理髪店の照明

理髪店の装飾にムードを設定するには、適切な照明が重要ですが、機能上の考慮事項も覚えておく必要があります。床屋は、可能な限り最高のヘアカットやひげそりを提供できるように、自分が何をしているかを確認できる必要があります。スタイルとフォルムの完璧なバランスを実現する最良の方法は、店全体でさまざまな光源を使用することです。

理髪店のライト

理髪店の照明は、モダン、インダストリアル、オールドスクール、または素朴なスタイルを反映できますが、装飾はショップの全体的な雰囲気とレイアウトに一致する必要があります。理髪店で照明を設定するときは、明るい頭上の照明と鏡の周りの暖かい照明を組み合わせるのが最善です。明るいオーバーヘッドライトは十分な視認性を可能にし、クライアントの顔の近くの暖かいライトはお世辞と自信を構築します。

理髪店の照明

フロントデスクと製品ディスプレイ

散髪やひげそりは理髪店の経験のほんの一部です。販売 ヘアケア製品 セッション間でスタイルをより適切に維持できるようにすることで、カスタマーエクスペリエンスを向上させることができます。また、理髪店に重要な収入源を提供することもできます。

理髪店フロントデスク

製品は、特別に設計された自立型の備品やフィーチャーウォールに上演すると、視覚的に最も強い影響を与える傾向があります。フロントデスクの近くに置いておくと、チェックアウト時にクライアントに商品を提案する機会も増えます。理髪店は、店舗のデザインをまとめる際に、小売レイアウトの背後にある心理学について調査する必要があります。

伝統的な理髪店のフロントエリア

バーエリアを構築する

理髪店が伝統的な体験を向上させる1つの方法は、お酒を持ち込むことです。このような詳細は、理髪店の旅行を通常の用事から特別な体験へと高めます。理髪店が店でアルコールを提供するための適切な免許を取得しようと努力する場合、提供される飲料が体験を向上させることを確実にするために、彼らは追加の措置を講じる必要があります。

あなたの理髪店でバーを建てる

理髪店がアールデコ調の装飾が特徴の場合、スピークイージー風の秘密のバーエリアから時代に合った飲み物を提供するのは楽しいでしょう。一方、テレビ画面でスポーツゲームを提供するカジュアルな理髪店では、タップでビールを提供する場合があります。

理髪店バー

ブランディング

現在の時代では、インテリアデザインと装飾は、物理的な空間だけに焦点を当てるべきではありません。床屋の装飾の選択も、彼らのブランドに結びつくはずです。

ブランディングは、企業が印刷物とデジタルマーケティングの両方でアイデンティティを確立する方法です。ブランディングは、ロゴ、フォント、配色、および個人的なメッセージの組み合わせで構成されており、企業のWebサイト、名刺、ソーシャルメディアアイコンなどに表示されます。理髪店が独自の製品を販売する場合、そのラベルもブランドのテーマと一致している必要があります。

理髪店のブランディング

理髪店の優れたブランディングは、理髪店のインテリアスタイルと調和している必要があります。モダンで高級な理髪店は、ハイエンドの光沢のあるカードストックと洗練された現代的なデザイン要素を選ぶことができますが、クラシックな理髪店は、ブランドにヴィンテージのフォントと要素を使用する場合があります。

最高の理髪店のデザインのアイデア

基本に焦点を当てた良い自然なレイアウト

理髪店のオーナーがどのような装飾スタイルを選んだとしても、覚えておくべき特定のデザインの基本があります。最もクリエイティブな装飾テーマでさえ、機能的でユーザーフレンドリーである必要があります。そうしないと、理髪店の生産性と顧客体験が損なわれます。

理髪店のレイアウト

たとえば、フロントデスクは入り口のすぐそばに配置するか、デスクから正面玄関まで明確な目線を設定して、顧客に挨拶できるようにする必要があります。家具のレイアウトは、顧客が待合室から理髪店の椅子に簡単に移動できる経路を作成する必要があります。

消費者向けのビジネスとして、看板や壁画は、前向きな雰囲気を維持するために物議を醸す声明を避ける必要があります。理髪店のデザインをどれほど上品でクールなものにしたい場合でも、目標はビジネスを成功させることです。

最高の理髪店

注釈